[アロマビットのニオイ可視化技術応用事例]:株式会社 明治様の新商品開発「スマートチーズ BEER PROJECT」

2021.05.19

アロマビットのニオイ可視化技術応用事例:
株式会社 明治様の新商品開発「スマートチーズ BEER PROJECT

株式会社 アロマビットは、この度、株式会社 明治様のスマートチーズ BEER PROJECT (以下、「本プロジェクト」)に参加。アロマビットのニオイ可視化技術を応用し、本プロジェクトで開発された商品の科学的な裏付けを行いました。

本プロジェクトは、株式会社 明治で開発製造している明治北海道十勝スマートチーズを取り扱ったプロジェクトです。「家飲み」を豊かにし、スマートチーズを最高に楽しめる体験づくりを目的として『スマートチーズと最高に合うクラフトビールをつくる』をモットーにプロジェクトがスタートしました。

本プロジェクトのミッションの一つとして掲げられたのが、大量生産大量消費社会に対する施策としての地方の小規模な企業や団体との連携。

その一環で、島根県でご夫婦で経営されている「石見麦酒」さんにビール制作を依頼。
明治北海道十勝スマートチーズと最高に合うクラフトビール(以下、「SMACHEE BEER」)の開発が始まりました。

アロマビットは、アロマビットのデスクトップ型ニオイ測定装置Aroma Coder V2を用いて、株式会社 明治様の明治北海道十勝スマートチーズと石見麦酒様のSMACHEE BEERそれぞれのニオイを測定し解析しました。
その結果、両商品ともに、他社商品とは異なる個性的な香り(ニオイ)であることを突き止めました。

※図はアロマビットの解析結果をもとに、株式会社 明治様で結果の解釈をしたもの

 

スマートチーズ BEER PROJECTの詳細は株式会社 明治様の特設サイト(https://www.meiji.co.jp/dairies/cheese/meijitokachi/products/smart_cheese/)にて随時更新しています。

アロマビットはニオイ可視化技術を通して、お客様にイノベーティブな新しい価値を提供して参ります。